読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローカス発表!20世紀オールタイムベスト 短編小説部門(Short Story)

Locus Online: 2012 All-Centuries Polls Results

ローカスオンライン・オールタイムベスト投票
20世紀 短編小説部門

20th Century Short Story
01 「90億の神の御名」 アーサー・C・クラーク
02 「オメラスから歩み去る人々」 アーシュラ・K・ル・グィン
03 「悔い改めよ、ハーレクィン!」とチクタクマンはいった ハーラン・エリスン
04 「おれには口がない、それでもおれは叫ぶ」 ハーラン・エリスン
05 「星」 アーサー・C・クラーク
06 「雷のような音」 レイ・ブラッドベリ
07 「輪廻の蛇」 ロバート・A・ハインライン
08 「記憶屋ジョニイ」 ウィリアム・ギブスン
09 「ラセンウジバエ解決法」 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
10 「くじ」 シャーリー・ジャクスン
11 「2026年8月 優しく雨ぞ降りしきる」 《火星年代記》 レイ・ブラッドベリ
12 「最後の質問」 アイザック・アシモフ
13 「去りにし日々の光」 ボブ・ショウ
14 「ハリスン・バージロン」 カート・ヴォネガット・ジュニア
15 「地球の緑の丘」 ロバート・A・ハインライン
16 「鼠と竜のゲーム」 《人類補完機構》 コードウェイナー・スミス
17 「ディ・ミリオン」 フレデリック・ポール
18 「ジェフティは5つ」 ハーラン・エリスン
19 「前哨」 アーサー・C・クラーク
20 「変革のとき」 ジョアンナ・ラス
21 「愛はさだめ、さだめは死」 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
22 「然り、そしてゴモラ」 サミュエル・R・ディレイニー
23 「きょうも上天気」 ジェローム・ビクスビイ
24 「草原」 レイ・ブラッドベリ
25 「空襲」 ジョン・ヴァーリイ
26 「革命前夜」 アーシュラ・K・ル=グウィン
27 「熊が火を発見する」 テリー・ビッスン
28 「ことばのひびき」 オクティヴィア・E・バトラー
29 「ロビイ」 アイザック・アシモフ
30 「2026年10月 百万年ピクニック」 《火星年代記》 レイ・ブラッドベリ
30 「女王様でも」 コニー・ウィリス
30 「海を失った男」 シオドア・スタージョン
33 「バケツ一杯の空気」 フリッツ・ライバー
34 「孤独の円盤」 シオドア・スタージョン
35 「あるいは牡蠣でいっぱいの海」 アヴラム・デイヴィッドスン
35 「ちんぷんかんぷん」 エリック・フランク・ラッセル
37 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
38 「夜明けとともに霧は沈み」 ジョージ・R・R・マーティン
39 A Midsummer Night's Dream 《サンドマン》 ニール・ゲイマン&チャールズ・ヴェス
40 「マホメットを殺した男たち」 アルフレッド・ベスター
41 「うそつき」 アイザック・アシモフ
42 「ぼくになることを」 グレッグ・イーガン
43 Troll Bridge ニール・ゲイマン
44 「デス博士の島その他の物語」 ジーン・ウルフ
45 「性的魅力」 フリッツ・ライバー
45 「憑きもの」 ロバート・シルヴァーバーグ
47 「終着の浜辺」 J・G・バラード
48 「すべての夏をこの一日に」 レイ・ブラッドベリ
49 「王者の祈り」 デーモン・ナイト
50 「雷(いかずち)と薔薇」 シオドア・スタージョン
51 「金色の目」 レイ・ブラッドベリ
51 「クリアリー家からの手紙」 コニー・ウィリス
53 「人類供応法」 デーモン・ナイト
53 「鎮魂歌」 ロバート・A・ハインライン
53 「跳躍者の時空」 フリッツ・ライバー
56 「そして目覚めると、わたしはこの肌寒い丘にいた」 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
57 「宇宙の熱死」 パミラ・ゾリーン
58 「日の下を歩いて」 ジェフリー・A・ランディス
59 「故郷へ歩いた男」 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
60 「太陽系最後の日」 アーサー・C・クラーク
60 「逃亡者」 クリフォード・D・シマック
62 「七番目の犠牲者」 ロバート・シェクリイ
62 「進めや、進め!」 フィリップ・ホセ・ファーマー
62 「無宿者ライアーン」 《終末期の赤い地球》 ジャック・ヴァンス
65 「ドリ・ バングズ」 ブルース・スターリング
66 「黒い海岸の女王」 《英雄コナン》 ロバート・E・ハワード
67 「招き猫」 ブルース・スターリング
67 「プッシャー」 ジョン・ヴァーリイ
69 「2000年4月 第三探検隊」 《火星年代記》 レイ・ブラッドベリ
70 「専門職/専門家」 ロバート・シェクリイ
71 「夢みるロボット」 アイザック・アシモフ
72 「猿の手」 W・W・ジェイコブズ
72 「ディラック海のさざなみ」 ジェフリー・A・ランディス
74 「サルバドール」 ルーシャス・シェパード
74 「地球解放」 ウィリアム・テン
76 「見えない男」 ロバート・シルヴァーバーグ
76 「切り離された火曜日だけの世界」 フィリップ・ホセ・ファーマー
78 「エイン博士の最後の飛行」 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
78 「至福一兆」 J・G・バラード
80 「電気蟻」 フィリップ・K・ディック
80 「トレーン、ウクバール、オルビス・テルティウス」 ホルヘ・ルイス・ボルヘス
82 「愛しのヘレン」 レスター・デル・リー
82 「果てしなき看視」 ロバート・A・ハインライン
82 「はるかなりケンタウルス」 A・E・ヴァン・ヴォークト
85 「ダゴン」 ハワード・フィリップス・ラヴクラフト
86 「かれら」 ロバート・A・ハインライン
87 「コーラルDの雲の彫刻師」 J・G・バラード
88 「地獄行き列車」 ロバート・ブロック
88 「孤独な散歩者」 レイ・ブラッドベリ
88 「にせもの」 フィリップ・K・ディック
91 「ピー・アイ・マン」 アルフレッド・ベスター
91 They're Made Out of Meat テリー・ビッスン
91 「最年少のドラゴンボーイ」 《パーンの竜騎士》 アン・マキャフリイ
91 「プロフェッション」 アイザック・アシモフ
91 「アンタレスの四十三王朝」 マイク・レズニック
96 「イヴのいないアダム」 アルフレッド・ベスター
96 「回答」 フレドリック・ブラウン
98 「男と女から生まれたもの」 リチャード・マシスン
98 「幼い刺客」 レイ・ブラッドベリ
100 「アンナへの手紙」 ケイト・ウィルヘルム
101 「ガーンズバック連続体」 ウィリアム・ギブスン
101 「ある晴れた日、ピーナッツを持って」 シャーリイ・ジャクスン
101 「時と三番街と」 アルフレッド・ベスター
104 「スール」 アーシュラ・K・ル=グウィン
104 「太陽踊り」 ロバート・シルヴァーバーグ
106 「ドリフトグラス」 サミュエル・R・ディレイニー
107 「無政府公園にて」 ラリイ・ニーヴン
107 「塀のある扉」 H・G・ウェルズ
109 「開いた窓」 サキ
109 「踊る鹿の洞窟」 クリフォード・D・シマック
111 「ガラスの小鬼が砕けるように」 ハーラン・エリスン
111 Murder Mysteries ニール・ゲイマン
111 「スズダル中佐の犯罪と栄光」 《人類補完機構》 コードウェイナー・スミス
114 「ホール・マン」 ラリイ・ニーヴン
114 「2001年6月 月は今でも明るいが」 《火星年代記》 レイ・ブラッドベリ
114 「せまい谷」 R・A・ラファティ
114 「ぼくがハリーズ・バーガーショップをやめたいきさつ」 ローレンス・ワット=エヴァンズ
118 「モンスター/怪物」 A・E・ヴァン・ヴォークト
119 「父さんもどき」 フィリップ・K・ディック
120 「薄暮」 ジョン・W・キャンベル・ジュニア
120 「エミリーの薔薇」 ウィリアム・フォークナー
122 「霧笛」 レイ・ブラッドベリ
122 「百獣の王」 フィリップ・ホセ・ファーマー
124 「ママだけが知っている」 ジュディス・メリル
124 「夢売ります」 ロバート・シェクリイ
124 「万華鏡」 レイ・ブラッドベリ
124 「長雨」 レイ・ブラッドベリ
124 「アングレーム」 トマス・M・ディッシュ
129 「切り裂きジャックはあなたの友」 ロバート・ブロック
129 「バッファロー」 ジョン・ケッセル
129 「なんでも箱」 ゼナ・ヘンダースン
132 Call Him Lord ゴードン・R・ディクスン
132 「スペシャリストの帽子」 ケリー・リンク
132 「AL-76号失踪す」 アイザック・アシモフ
132 「優越性」 アーサー・C・クラーク
136 「マックたち」 テリー・ビッスン
136 「黒いスーツの男」 スティーヴン・キング
136 「ヘリックスの孤児」 ダン・シモンズ
136 Flying Saucer Rock & Roll ハワード・ウォルドロップ
136 「キリエ」 ポール・アンダースン
136 「雪」 ジョン・クローリー
136 「彼方には輝く星々」 ナンシー・クレス
136 「おお、わが姉妹よ、光満つるその顔よ!」 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
136 「浜辺のキャビン」 ジーン・ウルフ
145 「異星獣を追え!」 クリフォード・D・シマック
145 「太陽の黄金の林檎」 レイ・ブラッドベリ
147 「消えた少年たち」 オースン・スコット・カード
147 「ウーブ身重く横たわる」 フィリップ・K・ディック
147 「憂鬱な象」 スパイダー・ロビンスン
150 「溺れた巨人」 J・G・バラード
150 「不死鳥への手紙」 フレドリック・ブラウン
150 「分解機」 コナン・ドイル
150 The Dead マイクル・スワンウィック
150 「盲人の国」 H・G・ウェルズ
155 「昨日は月曜日だった」 シオドア・スタージョン
156 「下り坂カーレースにみたてたジョン・フィッツジェラルドケネディ暗殺事件」 J・G・バラード
156 「永遠と地球」 レイ・ブラッドベリ
156 「エーリッヒ・ツァンの音楽」 ハワード・フィリップス・ラヴクラフト
156 All Cats Are Gray アンドレ・ノートン
156 「ビアンカの手」 シオドア・スタージョン
161 「気違い星プラセット」 フレドリック・ブラウン
161 「異星の十字架」 ハリイ・ハリスン
161 「生命線」 ロバート・A・ハインライン
161 「ジョーという名のロジック」 マレイ・ラインスター
161 「壁のなかの鼠」 ハワード・フィリップス・ラヴクラフト
161 「ブルックリン計画」 ウィリアム・テン
167 「血のごとく赤く」 タニス・リー
167 「時間がいっぱい」 アーサー・C・クラーク
167 「地球への巡礼の旅」 ロバート・シェクリイ
167 「ニュースの時間です」 シオドア・スタージョン
171 「ロケット/宇宙船」 レイ・ブラッドベリ
171 「けむりのお化け」 フリッツ・ライバー
171 「ピックマンのモデル」 ハワード・フィリップス・ラヴクラフト
174 「異端車の火刑」 ロジャー・ゼラズニイ
175 The Four-Hour Fugue 『ゴーレム 100』原型 アルフレッド・ベスター
175 Understanding Entropy バリイ・ N・マルツバーグ
175 「地球の太陽面通過」 アーサー・C・クラーク
178 「よそごと」 ジョアンナ・ラス
178 「シーオーク」 ジョージ・ソウンダース
178 「十三の幻影」 ジェイムズ・P・ブレイロック
178 「降りる」 トマス・M・ディッシュ
178 「象を売る男」 ロバート・A・ハインライン
178 「<ジェルサレムズ・ロット>の怪」 スティーヴン・キング
178 「海は小魚でいっぱい」 《ディスクワールド》 テリー・プラチェット
185 「ファンタジイ作家のアシスタント」 ジェフリイ・フォード
185 The Last Hurrah of the Golden Horde ノーマン・スピンラッド
185 「レニイ」 アイザック・アシモフ
185 「ナンバー計画」 アイザック・アシモフ
185 「不滅の詩人」 アイザック・アシモフ
185 「識閾下の人間像」 J・G・バラード
191 「われ思う、ゆえに…/理性」 アイザック・アシモフ
191 「証拠」 アイザック・アシモフ
191 「バビロニアのくじ」 ホルヘ・ルイス・ボルヘス
191 「常識はずれ」 ハル・クレメント
191 「イラノンの探究」 ハワード・フィリップス・ラヴクラフト
191 「魔術師マジリアン」 『終末期の赤い地球』 ジャック・ヴァンス
191 「聖なる狂気」 ロジャー・ゼラズニイ
198 「向う側/彼方より」 ハワード・フィリップス・ラヴクラフト
198 「無因果世界」 ジャック・ヴァンス
198 「時間の庭」 J・G・バラード
198 「メビウス という名の地下鉄」 A・J・ドイッチュ
198 「おお! ブローベルとなりて」 フィリップ・K・ディック
198 「孤独な死」 クリフォード・D・シマック
204 「ハークルはごきげんな怪獣」 シオドア・スタージョン
204 「賛美歌百番」 ブライアン・W・オールディス
204 「下級悪魔とジャック」 クライヴ・バーカー
204 「アルフ」 ホルヘ・ルイス・ボルヘス
204 「バベルの図書館」 ホルヘ・ルイス・ボルヘス
204 Congenital Agenesis of Gender Ideation by K. N. Sirsi and Sandra Botkin ラファエル・カーター
204 「光あれ」 ロバート・A・ハインライン
204 Heirs of the Perisphere ハワード・ウォルドロップ
204 「いまこそ力は来たりて」 ロジャー・ゼラズニイ
213 「名前の掟」 アーシュラ・K・ル・グィン
213 「オッディとイド」 アルフレッド・ベスター
213 「ゴーレム」 アヴラム・デイヴィッドスン
213 「鞭打たれた犬たちのうめき」 ハーラン・エリスン
213 Chromatic Aberration ジョン・M・フォード
213 「ナイト・オブ・ザ・ホラー・ショウ」 ジョー・R・ランズデール
213 The Lake of Tuonela キース・ロバーツ
213 Everywhere ジェフ・ライマン
221 「ノック」 フレドリック・ブラウン 
221 「最後の孤独な人間/最後の孤独者」 ジョン・ブラナー
221 「モーニング・チャイルド」 ガードナー・ドゾワ
221 「闇の跳梁者/闇をさまようもの」 ハワード・フィリップス・ラヴクラフト
221 The Cost to Be Wise モーリーン・F・マクヒュー
221 「地獄で立往生」 ラリイ・ニーヴン
227 「怪物」 ロバート・シェクリイ
227 「星々の呼び声」 アーサー・C・クラーク
227 「薄明の朝食/たそがれの朝食」 フィリップ・K・ディック
227 「名曲永久保存法」 フィリップ・K・ディック
227 「銀の秘鑰/銀の鍵」 ハワード・フィリップス・ラヴクラフト
227 「ある決断」 フレデリック・ポール&C・M・コーンブルース
227 「デイジー、日だまりの中で」 コニー・ウィリス
234 「戦争に勝った機械」 アイザック・アシモフ
234 「集会」 レイ・ブラッドベリ
234 「空のあなたの道へ」 《火星年代記》 レイ・ブラッドベリ
234 「檻」 A・バートラム・チャンドラー
234 Egnaro M・ジョン・ハリスン
234 「不適格」 ロバート・A・ハインライン
234 「危険の報酬」 ロバート・シェクリイ
234 「楽園の乳」 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
242 「誰が人間にとってかわれる?」 ブライアン・W・オールディス
242 「世界のあらゆる悩み」 アイザック・アシモフ
242 「この愛と呼ばれるものはなにか」 アイザック・アシモフ
242 「プリマ・ベラドンナ」 J・G・バラード
242 「どうしてわたしはロナルド・リーガンをファックしたいのか」 J・G・バラード
242 「タンジェント」 グレッグ・ベア
242 By the Waters of Babylon スティーブン・ヴィンセント・ベネット
242 「消失トリック」 アルフレッド・ベスター
242 「コンピューターは語らない」 ゴードン・R・ディクスン
242 「行動原理」 グレッグ・イーガン
242 「解消日」 ハーラン・エリスン
242 「眠りの壁を越えて/眠りのとばりを超えて」 ハワード・フィリップス・ラヴクラフト
242 「ケイシー・アゴニステス/闘士ケイシー」 リチャード・マッケナ
242 「ジグソー・マン」 ラリイ・ニーヴン
242 The Guy with the Eyes スパイダー・ロビンスン
242 「こうすると感じるかい?」 ロバート・シェクリイ
242 「ドラキュラの客」 ブラム・ストーカー
242 「モンスター/怪物」 A・E・ヴァン・ヴォークト
260 「待つ男/待つもの」 レイ・ブラッドベリ
260 「地球への遠征」 アーサー・C・クラーク
260 「ヴァチカンからの吉報」 ロバート・シルヴァーバーグ
260 「生と死の浜辺」 ロジャー・ゼラズニイ
264 「遊園地」 レイ・ブラッドベリ
264 「思いおこすバビロン」 アーサー・C・クラーク
264 A Dry, Quiet War トニー・ダニエル
264 「ウェレランの剣」 ロード・ダンセイニ
264 「クロウトウン」 ハーラン・エリスン
264 The Dark Country デニス・エチスン
264 「アイ・シー・ユー」 デーモン・ナイト
264 「地底の星」 アーシュラ・K・ル・グィン
264 「モーフィー時計の午前零時」 フリッツ・ライバー
264 Schwartz Between the Galaxies ロバート・シルヴァーバーグ
264 「妖術師の帰還」 クラーク・アシュトン・スミス
264 「ロボットの憂鬱」 マイクル・スワンウィック
276 「目は見るばかりが能じゃない」 アイザック・アシモフ
276 A Gift from the Culture イアン・M・バンクス
276 「プリティ・ボーイ・クロスオーヴァー」 パット・キャディガン
276 「いかにしてそれは起こったか」 アーサー・コナン・ドイル
276 「月の黒い穴」 ロバート・A・ハインライン
276 「煙は永遠にたちのぼって」 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア
282 「スーパーおもちゃの長い夏」 ブライアン・W・オールディス
282 「ジョーという名のロジック」 ポール・アンダースン マレイ・ラインスター
282 「おろかな季節」 C・M・コーンブルース
282 「デトロイトにゆかりのない車」 ジョー・R・ランズデール
282 「リンカン・トレイン」 モーリン・F・マクヒュー
282 「世界の縁にて」 マイクル・スワンウィック
288 「愛は盲目」 ジョー・ホールドマン
288 No Direction Home ノーマン・スピンラッド
290 The Executioness トバイアス・S・バッケル
290 「世界の終わりを見にいったとき」 ロバート・シルヴァーバーグ
292 「夢を売ります」 アイザック・アシモフ
292 「ドゥーイング・レノン」 グレゴリイ・ベンフォード
292 「青の洞窟の恐怖」 アーサー・コナン・ドイル
292 「いまいましい」 キャロル・エムシュウィラー
292 Trouble with Water H・L・ゴールド
292 「ウルサーの猫/ウルタールの猫」 ハワード・フィリップス・ラヴクラフト
292 「テスト」 リチャード・マシスン
299 Anomalies グレゴリイ・ベンフォード
299 「カッサンドラ」 C・J・チェリイ
299 「九百人のお祖母さん」 R・A・ラファティ
299 「輝く扉」 マイクル・スワンウィック